hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

雑記

「大気の状態が不安定」ってなんだ

最近、表題のセリフをよく天気予報で耳にする。どうやらこの状況のときに激しい雨が急に降ってくるような感じになっている。でもなんか、具体的にはどういう状況なのかよくわからない。もう一段階くらいは深く説明して欲しいと思う。論理を一つ飛ばしている…

10年間いろいろな方法で日記を書いてきた

大学入学の時から、ローカルで日記を書いている。紙に手書きではなく、キーボードでテキスト保存、というものだ。最初は、日記ソフトから始めて、いろいろ試した。飽きっぽいのもあって、書いたり止めたりを繰り返しながら、いちおう長く続いている。このブ…

コンビニ弁当がおいしい

昨日、忙しくてやんなっちゃうぜ、ということを書いたのだけれど、今日になって、「よく考えたら、忙しいのも瞬間的なものだから、今の状況を書き記しておくのは後々見返したときに、自分にとって良いものであるに違いないと思った。なので何でも書き記すこ…

社畜とふつうの会社員の狭間で

ここ2週間ほど、とても忙しく、毎日22時付近に家に帰る生活だし、土曜日も出勤だ。こんなに忙しいのは新卒で就職して初めてのことである。どうしてそんなに忙しいのかというと、今動いているプロジェクトのせいというのと、組織的な問題もある。これ以上言う…

単純作業はよいものだ

久しぶりに、本を読める時間を取ろうという気分になり、暇を見つけて本を読んでいるけれど、やはり読書というものは良いものだ。 読書の良いところの一つとして、何を読んでも静かな気持ちになれる、というところにある。 この静かな気持ちというのは、つま…

身体の法則

僕は自分の身体を「機械みたいなものだ」と考えている節がある。 「こういう行動をすると、身体はこうなる」というものがはっきりあると思うのだ。そして、定期的にメンテナンスをしなければ、調子が悪くなる。 もともとあまり体力のあるほうではないし、も…

電車通勤への憧れ

電車で通勤してみたいなぁ、という憧れがある。なぜかというと、電車の中で本が読めるからだ。僕は今、車で通勤している。会社まで30分くらいだ。運転中は、ずっとiphoneでpodcastを聞いている。イヤホンをしなくても、スピーカーで十分聞き取れる。1.5倍速…

「雑誌が好きだし、雑誌を読んでいる自分が好き」という現象

先日、クーリエという雑誌を読んだ。 COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 06月号 [雑誌]出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/04/25メディア: 雑誌この商品を含むブログ (3件) を見る特集は「世界に通用する『教養』を身につけよう。」 袋とじには知…

リツイートだよ人生は

ここ最近のすごい仕組みだなぁと思ったことにtwitterのリツイートがある。 タイムラインに流れてきた他人のポストを切り取って、自分の発言のようにコピーすることができる。コピーすると、リツイート元が表示されるけれど、自分の発言のように扱われ、自分…

日記を書くために

連休になって、実家に帰ってきてのんびり出来るようになると、途端に文章を書き殴りたくなり、ブログを更新したり、新たなブログを作ってしまうのはどうしてだろう。時間に余裕が持てるようになり、発想が湧いてくるということなのだろうか。以前から個人的…

未来の機械操作

年内に発売か?!近未来なメガネ型PC「Google Glass」私ならこう使う! - NAVER まとめGoogle Glassがすごいなーと思う。めがね型の情報端末で、音声認識で画面を操作できて、「OK glass」で起動して、「take picture」と言うと写真を撮ってくれたりするらし…

くしゃみ

花粉症の季節のようだ。 ようだ、と言ったのは、花粉の量が多いのか少ないのか、僕が花粉症ではないのでよくわからないからだけれど、最近なんだかくしゃみをするし、鼻が出る。はっ、まさかこれは噂に聞く花粉症ではないか!?と思いつつも、どこからが花粉…

世の中に四角形が多いのはどうしてか考えてる

世の中は四角形ばっかりだなぁと会社帰りの車の中で、唐突に思った。家も目の前のディスプレイも本も全部四角形だ。これは何故なんだろう。三角形や五角形だったらダメだったのだろうか。どうして長方形なのだろう。自然の中には四角い形をしているものなん…

生きてる実感ってなんだ

「xxxしてると生きてるって実感を得られる」という表現がある。普段は生きているにもかかわらず、生きていることを意識していないが、xxxをすると生きていると意識できるということなのだろう。逆に生きている実感を得ていないときは死んでいる実感を得てい…

グラデーションな考えかた

人間の目は最大一千万色を見分ける分解能力があるが、これはある程度訓練を受けた人間でなければ意識することも出来ず、前述の虹がスペクトルの画像にしめした色彩変化のように連続した変化であるので実際にはきわめて多くの色を含んでいるのに、七色(日本…

僕が欲しいニュース閲覧アプリは新聞の一面のようなやつだ

俺が「Gunosy」を使わなくなったわけ - 世界はあなたのもの。 この記事を読んだ。だいたい同意。 Gnosyというアプリは、自分のtwitterやfacebookを解析して、その人が興味がありそうなニュースを毎日届けてくれるというアプリ。確かに精度は良くて、結構興味…

メールから更新

てすとてすと

メールから更新するのはおもしろいかも

先日、ブログにはトイレ的なアウトプットが気持ちが良い機能があると面白いというエントリを書いたのだけれど、これを工夫でどうにか出来ない物かなぁ、と考えていた。もしかして、outlookなどのメールソフトからブログを更新するのが、それに近いのではない…

facebookは年賀状や残暑見舞いのように使うのがよいのかも

映画ソーシャルネットワークをみてfacebookを始めた僕だけど、それでも僕の周囲よりは早く始めた方だった。僕の周囲や世間一般ではもう少したってから浸透したのだと思うのだけれど、そろそろみんな、facebookに飽きてきた頃だと思う。 SNSは飛びついた層が…

積雪20cmで好きなあの娘までの距離は何cm離れるか

全国的に雪が凄くて、まとまった雪が降って一週間くらいたったけれども、僕の近所はまだ20センチくらいの積雪が残っている。一人暮らし用アパートなんて誰も雪かきをしないから、なかなか雪がなくならないし、大通り以外はツルツルに凍っている。地球は球形…

ブログには水洗トイレのような機能があるとおもしろい

僕は最近、ケータイをiphoneに買い換えて、それでtwitterをどのアプリで使おうかといろいろ試してみたところ、有料だけど評価の高いtweetbotというアプリを購入して、使い始めてみた。これが、実は僕にとってはあんまり使いやすいとはいえないのだけれど(僕…

快適に目覚めたい

昨日まで正月休みだった。僕は好きなだけ寝て、眠くなったら寝るという生活を一週間以上続けていて、睡眠リズムなんかはめちゃくちゃだった。夜中に起きてスマホを小一時間いじってまた寝たり、お昼前に起きて朝ご飯なのか昼ご飯なのかよくわからない時間に…

それにつけても金の欲しさよ

半年くらい前、ハイキングに行ったんです。男二人で。廃鉱山に。 「あー、どっかに5億円落ちてねーかなー」と思った。 お金は欲しい。人生は金だけではないということはわかっている。金が一番重要なものだったらお金は使えないだろ?というコピペもわかる。…

オトナとは何だろうか

急に漠然とした疑問が沸いて出た。何だろうか。 たとえば、誰かが好きだとする。男女の仲になりたい。子供だったら当たって砕けろで告白するのかも。 大人は告白するまで仲良くなるように外堀を埋め、告白が駄目だったときのリスクを下げ、相手のことをよく…

職場の机に置ける「お断りします」ボタンが欲しい

僕はデスクワークが多い仕事をしているのだけれど、机の上でちまちまとパソコンをいじっていると、色々な人から話しかけられ、用事を言いつけられ、仕事が増えたり、仕事が中断してしまうということが多くある。僕が突っ込みどころの多い仕事ぶりであるとか…

ダムに行く用事とはなんでせう

先日、ダムに用事があり出向いた。ダムとは、治水や発電に使われるダムのことだ。ダムに用事があるというのはどのような用事なのだろう、と思われることだろうけれど、とくに人を沈めるとか飛び降りるとかそういう理由ではない。じゃあダム萌えでダムの写真…

果物を搾って飲み物にする人にはなれないと思う

「毎月新聞 (中公文庫)」を読んでいて、佐藤雅彦氏が仕事に収拾がつかなくなり疲れ果て、自分が何をすれば良いのか混乱していた中、喉が渇いたので冷蔵庫の片隅で固くなっていたオレンジを2個搾ってコップに注ぎ、ゴクゴクと飲んだら、気分が良くなっており…

ちょっと高い歯磨き粉

一人暮らしの良いところは、高いものでも、一人しか居ないので、消費量が少ないのでそんなにコストにならない、と言うところにあると思う。そういう意味では、歯磨き粉はちょっと高いものを買ったとしても、一人で使うと何ヶ月もかかるから、自分に合ったも…

【癒やし音楽】防災行政無線放送を紹介します

防災行政無線放送とは災害が起こったときに無線で避難勧告を行ったりするのが主要な機能のようだけれど、身近なところでいうと、17時に「夕焼け小焼け」が公園から流れて来たりして、外で遊んでいる子供が帰りの時間の目安になったりするあれのことだ。 朝・…

twitterとblogの間で抜け落ちること

最近blogよりもtwitterって感じになっているのだけれど、どうもtwitterは字数制限が140文字ということもあって情報が簡潔で濃い内容になっている傾向がある。それはそれでいい。でも抜け落ちていることも沢山あるような気がする。抜け落ちないようにblogに書…

おいてけぼりのスリッパ

どうもスリッパを履く習慣がない。我が家はフローリングなので、きっとスリッパは履いた方がよいのだろう。これから寒くなるにつれて、足の暖を取るためにスリッパは重要になってくる。暑いときだって、床はゴミが落ちているので履いた方が良いに決まってい…

スーパーカブ110に乗って気づいたこと

先週、目標通りにバイクの免許を取ることが出来たので、その足でバイク屋へ行ってスーパーカブ110が欲しいという旨を伝えた。既にそのバイク屋には一度訪ねていたし、メールで見積もりなどもしてもらっていたので、とんとん拍子に話が進んで、「え、もう明後…

帽子の有効性が地味に無視できない

子供の頃は、大人たちに帽子を被りなさいと言われてもあまり真剣に受け止めていなかったのだけれど、最近になって、帽子というのはとても有効なものであるということに気づいたのだった。もしかしたら、年をとることで紫外線や直射日光に弱くなったのかもし…

SNSで友達通しでいいねいいねってすることは、バイト先で買い物してお金を落とすことに似てる

僕は学生の頃、近所のスーパーでバイトをしていた。時給が1000円と良かったのと、働く時間が、大学の研究などに影響しない時間帯だったし、ストレスのない職場だったので、長く続いた。食材や日用品はほとんどそのスーパーで間に合っていたので、そのスーパ…

森博嗣氏の速筆っぷりが凄い

作品を世に送り出す速さが早いというのもそうなのだけれど、実際に打鍵速度が早い。 昨日の記事に感想を書いた「常識にとらわれない100の講義」の「まえがき」に、こんなことが書いてある。 この本は、毎日思いついたことを一つか二つ、一行か二行書き留めて…

アイス、ジュース、自動販売機の思い出

このあいだ、自動販売機に群がる3人くらいの小学生を見た。僕が小学生の低学年やそれより下の年齢だった頃、自動販売機と言えば、憧れの存在だった。「どうしてあんなにすごいものがあるのだろう」と思っていたような記憶がある。自動販売機にジュースを入…

【ずるい大人は言わないだけ】自信を持つためにするべき、たった一つのこと

物は言いよう。気の持ちよう。何かを変えたければ自分を変えるのが一番早い。 今日は釣りっぽいタイトルでライフハックめいたことを書こう。自信を持つためにこうしたらいいんじゃないか、と思うことを書く。 他人の意見を無視しよう この一言に尽きる。善意…

空気(物理)に気を遣う

部屋が暑い。換気がなっていないせいで、空気がよどんでいるのである。風通しが悪いのである。一人暮らしのアパートにありがちだが、南側にベランダに出る窓があるのみなので、風が入ってきても出るところが無いため、そもそも風が入ってこない。全然風の流…

水道水がうまい

水道水はうまい。最近気づいたのだけれど、グラスに水道水を入れて、氷(これも水道水を凍らせたもの)を入れて冷やすと、さらにうまい。以前は水道から出たままの温度で飲んでいた。その辺のファミレスで出てくる水と同等かそれよりもおいしいかも知れない…

リアル書店の効能

この土日は書店を彷徨うという行為をした。欲しい本があったのだ。2冊あって、一つは雑誌だったから、どの書店にも最新号はさすがに置いてあるだろうと思ったのだけれど、置いてなかった。 「リアル書店は一つの書籍を買うという目的を持って行ってはならな…

ウェブで無料で読める「白書」がおもしろい

ネット上にこんなに面白いコンテンツがあったとは。盲点だった。 図書館に行ったら環境問題特集の棚があって、「環境白書」が置いてあった。開いてみると、カラフルな図や写真とともに、知的好奇心を満たしてくれるようなことがたくさん書かれているので、読…

今年の夏は扇風機が無いかもしれない

昨年の夏に扇風機が壊れた。首が動かなくなり、角度の調節が出来なくなって、「強」なのに「ソフト」の風。たまにリズム風。首が動かなくなったのは、僕が物理で蹴飛ばしてしまい、部品が折れたからだけれど、風が弱くなってしまうのはよく分からなかった。…

数学の凄いところに気づいた

数学ってなんか難しい。いちおう理系の大学で院まで行ったけれど、数学はさっぱりで、いつも頭を悩ませていた。僕は化学系だったけれど、数学はよく登場した。微分・積分をよく使ってた。 抽象的な考え方でよく分からないのだけれど、何回も何回も写経のよう…

土を運ぶ車が不思議である

今日の朝、通勤途中に自動車に乗り信号待ちをしているとき、斜め前に土を満載したトラックを目にしたのだった。僕は、「ああ、土を運んでいる。変だなぁ」と思ったのだった。 この文章だけで、そうだよね、と思ってくれる人は僕の同類です。そう言われてみる…

文庫本の分割で読書がより楽しくなった

文庫本のメリットとして、軽い、小さい、携帯しやすい、というものがあると思うのだけれど、とても分厚い文庫本なんかもあったりして、まったく読み難くてしょうがないよ! と思っていた。分厚い文庫本よりは、むしろハードカバーのほうが読みやすいくらいだ…

常識の乖離について

私の名前は、キラキラネームです。 - Yahoo!知恵袋 サイコロを知らない高校生 - Togetter 「ctrl+c」と「ctrl+v」を知らない奴ってギャグだろ?冗談だよな?:GATUNこの三つの記事を読んで。僕は DQNネームを付ける親はいなくなれ、と思った。 サイコロ知らな…

これから就職する人に読んで貰いたい 理系大学院生が就職してから3年後の感想

以前に、就職活動について書いた。 理系院生の就職活動 - hakanashika 就職活動生へ - hakanashika わりと検索で就職活動について調べるうちにこのブログにたどり着く人が多いようだ。いまでも結構な頻度で「就職」というキーワードでこのブログにたどり着く…

失われた霊感

学生の頃、朝早くにバイトをして、自転車に乗り大学に行き、研究のことを考え、自分で料理し、ネットして読書してコーヒー飲んでとやっていたころの僕には、なにか霊感的なものがあったような気がする。当時の日記やこのブログを見ても、遙かにおもしろいの…

カーペットのコロコロ、梱包のプチプチ

正式な名前はよく分からない。製品名は買ったときにわかるのだけれど、一般名はなにか、と言われるとなんだろう。サランラップは製品名で、一般名は食品保存ラップ、のように、一般的な名称が存在するはずだけれど、誰もその名前を知らず、「カーペットのコ…

あながち間違いではないエアコンリスト

エア・コンディショナー 正解。直訳すると空気調節器だ。 エア・コントローラー 間違いだけど、空気を調節するのだからあってる。 エア・コンビニエンス 便利な空気。ちょうど良い温度にできるのだから便利だ。 エア・コンダクター 指揮者。空気を指揮するの…