hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

美少女メソッド

 ここ最近、「ライフハック」という言葉が、なんとなく僕の中でマイブームになっている。ちょっとしたことで何でもライフハック。早起きもライフハックだし、休憩のコーヒーだってライフハック。音楽を聴く事だってライフハックだし、ぼんやりする事だってライフハック
その中でも、これは変で面白い、と思ったことを書いてみる。それは、「美少女メソッド」である。

それは何でも美少女に関連付ける考え方である

 すごく嫌いな上司がいるとする。でも上司だから立てるところは立てなければならないし、たまには持ち上げなければならない。嫌いだからといって嫌うことはできない。剣呑な関係には絶対なれないのである。そういう時、こう考えてみよう。
もし中の人が美少女の宇宙人で、高性能で人間そっくりな気ぐるみを着て人間の社会に溶け込もうと頑張っているんだったら… 
 はい、もう好きになれた。君は一瞬で嫌いな上司が好きになれた。これを全ての嫌なことに応用するのである。学校へ行っている人は先生の中の人が美少女だと考えれば授業に集中できるだろう。なに?漫画の読みすぎ?オタクっぽい?そういうことじゃないだろう、嫌なことが楽しくできるようになるってんなら何でもするべきだろう。僕は男だから美少女としたけれど、女性は自分の憧れの美男子にしておいてくれ。萌えキャラとしたほうが分かり易いかもしれない。これなら男女の垣根はない。
 僕は今、世間は連休だというのに研究室にいる。こんな時間まで科学雑誌の論文を訳している。とてもじゃないが終わりそうにない。終わりが見えない。辛い。でもこんなとき、この論文を書いた人は十代で大学教授になった天才美少女だと思うことで何とか乗り切っている。研究室に独り。それでも全然さびしくないのは美少女メソッドのおかげだぜ!(たぶん)

広告を非表示にする