hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

今どきの若者は真面目な話ができない

 と、今どきの若者である僕が言ってみる。若者なので、昔と比較してできないと言っているわけではない。
 僕の狭い交友関係の中で、そういう傾向の人が多い。もちろんそうでない人も居るが、そうである人の方が多い気がする。みんな、内容が真面目な話になると、面と向かって自分の考えの述べなくなる。ニヤニヤヘラヘラとしていて、話を茶化し、笑いへ持って行こうとする。まったくおかしくない。
 自分の考えを述べることが恥ずかしいのだろう。それに自分の思っていることが拒絶されたらどうしよう?などと思ったり、真面目な話をして場の空気が重くなったらいやだなぁと考えているのかもしれない。実際、僕がそうだからだ。
 でも僕はその壁を突き破って、真面目な議論をしたい。侃々諤々したい。
 たぶん、真面目な議論を避ける傾向にある人も、真面目な意見が無いというわけではなく、思っているけれど外に出さないだけなのだろうと思う。議論する場を与えられればすぐに出てくるのだろう。そういう人の意見はきっと僕よりもずっと的を得ていてしっかりしているに違いない。
 その点ではブログは素晴らしいと思う。ブログは真面目な意見で溢れている。今どきの若者が真面目な意見を発言できる貴重な場だ。みんなブログを書けばいい。真面目な議論も楽しいよ?

広告を非表示にする