hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

キラレ×キラレ (講談社ノベルス)

キラレ×キラレ (講談社ノベルス)

キラレ×キラレ (講談社ノベルス)


読み終わった。軽い。そして、ミステリ的な部分以外は面白いんだけど、今回の話の構成はあまり好きではなかった。最初の引用文が頭のヘンなところに入って、イマイチ物語を楽しむことが出来ず、僕の中ではただのキャラモノ小説ということになった。キャラ萌えという意味ではとても優秀。小川と真鍋の掛け合いがとても面白い。でもどうやらこのシリーズは探偵役がすっぱりと事件を解決していく感じじゃない。そして続編ありきの話で、綺麗な結末が無いのでどうにも盛り上がらない。Gシリーズもそうだったけれど、犀川先生が出てくるのでついつい買ってしまっていたのだった。Xシリーズには出てくるのだろうか。森博嗣が本気を出したらもっと面白くなるのだろうけれどなぁ…。本人はそんな気は全くないようだし。
真鍋が「探偵には怖いと感じる方が向いている、そのほうがセンサが敏感だからだ」ということだという話をしていて、昨日も書いた沸点とか閾値の話と同じだと思った。

広告を非表示にする