hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

猫を飼う、つもりになるのはどうだろうか

猫を飼いたい。しかし飼えない。こういうときは、猫ではなく猫缶を買ってみるのはどうだろうか。猫缶、つまり、猫まっしぐら。そういうものが手元にあるということは、もう既に猫はいなくとも手の内だと言えるのではないでしょうか。何故かって、猫缶を開けたら猫が絶対にまっしぐらに向かってくるわけだから。
でも決して開けない。絶対に開けない。だって開けたら猫が来てしまう。いつでも猫まっしぐらにすることが出来る状態を作るだけでいいのだ。自分の見えないところで、猫缶を開けるのを待っている猫がいる…そう思うこと、それだけで幸せなのだ。
猫が飼いたいけれど飼えない人は是非ご利用ください。

広告を非表示にする