hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)

付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)

付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)


面白い。こういう、不思議な力を持った道具に巻き込まれていく人たちの話というのは、有りそうで無かったような気がします。一話完結の短編が一冊に四話。電撃文庫って短編作家が増えた気がする。キノの旅が流行ったからでしょうか。そういえば、キノの新刊が今日発売だった。買いに行けるかな。
この本の中で一番良かったのは、最後の話だった。今まで謎めいていて、無口無表情でそっけない咲の一人称の部分があって、この少女はこんな人間だったのか、と咲への見方が変わる話です。この話を読んでからもう一回最初から読むと、より咲に悶えられるという恐ろしい再読の呪いがかかっているようです。

広告を非表示にする