hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

少数派にいる覚悟とか初音ミクとか

マスコミが初音ミクについて報道されて、怒っている人たちがいる。
TBS「アッコにおまかせ」の初音ミク特集に批判相次ぐ - ITmedia ニュース
そういう人は、マスコミが嫌いで、嫌うためにテレビを見ている人ではないだろうか。僕は初音ミクが大好きだが、そのニュースを見て、「わかってないねぇこいつら」としか思わない。マスコミは基本的に「わかっていない」 僕としては「世間がどう思ったとしても、俺はこれが好きなんだ!」という心意気があって欲しい。(この場合世間=マスコミ)たとえ偏向報道だろうと、印象操作だろうと、きにしない。そんなこと知るか!と一蹴する。そういう人に僕はなりたい。
オタクを印象操作しないマスコミがある世界を想像してみると、つまりはオタク的趣味が一般大衆に浸透しきっているということだ。でもそれは、オタクのマイノリティ志向と矛盾している。オタク達は少数派であることを選んだわけだから、差別され蔑まれることを覚悟しなければならないと思うのです。
とりあえず、初音ミク関係でそんなネガティブな議論をするより、ニコニコ動画に行って、初音ミク関連動画を皆で見ようじゃないか。あいつらわかっていないマスコミは放っておいて、ソフトを持っている人は曲を作ってください。それが僕の言いたいことです。こんなことがきっかけで初音ミクブームが下火になってきたりしたらとても嫌だ。もっと盛り上がって欲しい。

広告を非表示にする