hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)


現在と過去が並列して進んでいって最初はどんな話かよくわからない。本を盗む?それで何が面白いの?という感じ中盤まで読んで、やめようかと思った。でも読みきってとてもよかったと思う。
コインロッカーが初めて出てきたところはとてもよかった。アヒルと鴨は出てきたけれど、ロッカーはいつ出てくるのだろう?とずっと思っていたが、まさかああいう風にでてくるとは思わなかった。中盤までどういう話だか理解できないような構成で、これが最後にすっきり繋がるんだろうか?と思っていて、まあ結局すっきり納得な展開になるんだけれど、僕はそこで、「なんだそんなことか」と思ってしまったわけです。そこでコインロッカー。素晴らしい。最高の読了感で本を閉じた。
しかしこれ映画化したらしいが、どうやってやったのだろう?

広告を非表示にする