hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

さよなら妖精 (ミステリ・フロンティア)

さよなら妖精 (ミステリ・フロンティア)

さよなら妖精 (ミステリ・フロンティア)


最近はまっている米澤穂信の小説。「そんなこと別になんでもないことだろう」と思うようなちょっとした疑問が事件みたいになっていくストーリーが米澤穂信の作風なのだろうか。そこが面白いのだけれど。細かい謎たちを解いていく一方で、複線がs気づかれずにばら撒かれ、最後に大きな謎が現れて一気に解決という流れは以前読んだ春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)と似ている。ミステリなんだろうけど、人は死なないし、人間関係が切ない。青春小説でもある本だ。それにしても面白いなぁ。

広告を非表示にする