hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

感情補正

感情には補正がかかる事がよくある。ちょっと面白いと思ったことが、自分の好むことだと増幅されるし、あまり好きになれない、人間としてちょっとなぁ…ということだったりすると最小になったりする。話の相手によっても変わる。嫌いな人の行為は嫌いだが、同じ行為を好きな人がやると好きという場合がある。そういうのは補正がかかっているからだ。なんにせよ、感情は要素解析をすると同じものだったりするものが、環境によって多彩に広がっているように思える。
だから、僕がホッチキスの芯のコの字型を真っ直ぐに直したり、ゼムクリップを真っ直ぐにしたりするのを理解できないと言った友人だって、心の奥にはそういう感情があって、理解しているはずなのです。だって曲がっているものがあったら真っ直ぐにしたいと思うに決まってるじゃないですか。

広告を非表示にする