hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

つい笑ってしまうもの

スターラーというものがある。化学の実験で使う道具で、磁力でフラスコ内の棒(攪拌子という)を回して攪拌するというものだ。
何かを攪拌するために回っているのはいいんだけれど、それが攪拌子だけで回っているとなぜだかとても面白い。必ず笑ってしまう。だってあいつ、一人で回っているんです。攪拌するものが無いからいつもより早く回っている。心なしかいつもより楽しそうで、はしゃいでいるみたいだ。攪拌子がギュイイイイイン!と単体で回っているのを見ると、朝たまたますごく早い時間に登校して、教室に誰もいなくてはしゃぐ小学生のようだ。「わーい!あははははは!」とか言いながら飛んだり跳ねたりしている子供の姿が向こう側に見えるのだ。それがおかしくて、笑ってしまう。あはははははは!

広告を非表示にする