hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

クドリャフカの順番―「十文字」事件

クドリャフカの順番―「十文字」事件

クドリャフカの順番―「十文字」事件


図書館で借りた。読んでいくうちにどうやらシリーズものの三作目だということに気がついて、しまったぁあ!迂闊だったぁあ!などと思って読むのをやめて一作目を探しにいこうかと迷ったりもしたが、どんどん引き込まれていってしまって、結局最後まで読んでしまった。前作のことは少々ほのめかすくらいでネタバレも無かったようだ。一作目と二作目も読まなければと思った。
これぞ僕の求めていた穂信だ。こういうのを小市民シリーズを読み終えてから期待していた。この間読んださよなら妖精も良かったけれど、こっちの方が僕の好みだ。古典部シリーズ、全巻読破します。
人の死なない青春ミステリー。文集を刷りすぎてしまって在庫を抱え、それを捌くために学園祭を走り回る部員たち。予告状付きの紛失事件とその他のごたごたがうまくかみ合って一つの事件にまとまってゆく。全てが複線だった。ちょっとコメディーっぽい感じもした。
それにしても登場人物が良い。甲乙付けがたいキャラクターが勢ぞろいだ。人物のキャラクター性を前面に押し出した小説なので、キャラ萌え視点からも面白い小説だった。ライトノベルを好んで読むような人ならはまるだろうなと思う。こういう小説でキャラにはまるのはストーリーがうまくできていて物語にのめり込むからだろう。ただ萌えキャラを散りばめました的な小説ではない。どんな小説かと問われれば、一言で言うならキュートな小説だ。かわいい。男も女もかわいい。

広告を非表示にする