hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

電気をつくるために

風力発電の効率が物凄く良くなって、風車を作るコストも下がって、風力発電が一番効率の良い発電方法だったとしても、風の運動エネルギーを利用するわけだから、風車を立てまくったら地球から風がなくなって大変なことになるのではないか。
水力、地熱、潮汐、太陽光など種類はたくさんあるけれど、それはもともと地球の運営に使われていたエネルギーを取り出して人間が使うということだ。だから極端にそれを利用しすぎると何かしら起こるに違いない。
そういうことを今日は考えました。いつもそうなのだが結局は原子力最強、核融合炉の実用化マダー?という話になってしまってつまらない。

広告を非表示にする