hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

乙女回路なるもの

誰にでも頭の中に乙女回路なるものがあると思います。それは女には当然ありますが、男でもあります。カタツムリには無いかもしれません。ともかく、そういう回路はある。間違いなくある。
多分それの反対は、「漢回路」だろう。漢(をとこ)だ。
まあそんな二つの思考回路のせめぎ合いが今日僕の脳内で観測されたので、以下にお知らせします。完全に一人の脳内でのやり取りです。ちなみに僕は健全です。

シーン1:雪が降っている。その中を歩いた。

女「わあー雪だ♪きれー」
漢「死ね」

女「服に雪がくっつくよ♪雪の模様で黒いコートが水玉になった♪雪の結晶の観察ができる♪」
漢「死ね」

そんな乙女回路と漢回路のせめぎ合いが繰り広げられる。

シーン2:研究室の窓から見えるグラウンド。雪が積もっていて真っ白だが、足跡ででっかく「チンコ」と書かれていた。

漢「うはwwwwwwチンコwwww馬鹿wwwww」
女「やだー」

あ、うん…漢じゃなくて中二男子?中二男子回路?

広告を非表示にする