hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (403件) を見る

いろんなところで絶賛されていた。僕はこういう、自己啓発の精神論が書かれた本を読むのは本当は嫌いなんだけれど、そんなに絶賛されているのなら読んでみるかという感じで読んだ本だ。それに、タイトルが良かったというのもある。僕は箱が好きだ。小さい頃は段ボールに入って遊んでいた。だからソリッド・スネークの気持ちはよくわかるし、安部公房箱男も大好きだし、魍魎の匣も大好きだ。箱についての情熱は人並み以上にあるつもりだ。スネークには負けるが。つまり、「箱」というタイトルにつられて、思わず手にとってしまった。
この本は精神論の本なんかじゃなかった。人間関係を良くするための具体的な思考の方法が書かれた本だった。それも、「箱」というたった一つの原因を直せば全てがうまくいくという、とても簡単なことで何もかもうまくいくようなことが書かれている。その箱を意識することが難しいので、それを丁寧に説明してくれている。こうするといいよ!という教科書的な本ではなくて、一人の思い悩む人間と、その人に箱の概念を教える人間が出てくる小説のような形式をとった本だ。この本が絶賛されていたのも納得で、とてもわかりやすいし、一度理解してしまうと、実践がそれほど難しく無いように思える。一度は読むと良いかもしれない。幸せな人生にするために。

広告を非表示にする