hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

虎よ、虎よ!


読みました。SFの古典で名作らしいです。ゴーストスイーパーの人にこれに似た感じの人がいらっしゃるのは知っていましたが、元ネタを読むのは初めてです。
瞬間移動が誰でもできるようになった世界。それによって、いろいろな犯罪が蔓延しました。そんな中主人公は、宇宙船で半死半生になって漂流していたところ、他の宇宙船が通りかかって助けを求めたのに無視されてしまいます。主人公は無事生きて帰れるのですが、無視した宇宙船に復讐をしようとします。

自然淘汰によって生き残った作品なので、おもしろいに違いない!と思ったのだけど、そうでもない…。正直言って、ストーリーはわけがわかりませんでした。ただ、話の中に登場する様々なアイディアはこれが元ネタだったようで、この作品が出た当初読んでいたら、とても新鮮でおもしろいものだったのだろう。話の展開は巌窟王に似ていた。復讐劇の王道+SFといった作品。

広告を非表示にする