hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))


このタイトルのパロディを何回も何回も見る。だから原作にも興味を持ってしまった。
人間と見分けがつかないほど精巧なアンドロイドの犯罪者を狩りにゆく主人公の苦悩がなかなか考えさせられる。この作品の中のアンドロイドは自分でも人間だと思っている奴もいるくらい人間っぽい。それなのに、共感能力というものが欠如している。だがその能力はある検査でしかわからないし、普通に会話しているだけではわからない。
隣に住んでいる人間がアンドロイドだという可能性もあるわけだ。今現在、実際にそういうことが起こっていても全く問題はない。そう考えると怖い。怖くて怖くて、でもその怖さには自分で気づかないのだ。隣人がアンドロイドだったらどうすればいいんだろう?

広告を非表示にする