hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)


ずっと前に立ち読みで数ページ読み、買って積んであった本が現実逃避的大掃除大作戦のときに再発見されたので、その場で読んでしまいました。まだ掃除は終わっていない。
「飛行機は何故飛ぶか実はよくわかっていない」と衝撃的な一行でこの本は始まる。つまり、飛ぶメカニズムは考えられているけれど、実際にその理論で飛んでいるかどうかなんてわからないが、結果的には飛んでいるし正確に飛ぶことを予測することも出来るということだ。そして、科学とはそういうことの積み重ねで成り立っている。
科学とはどういうことか。そういうことが書かれている本。とても好みな内容だった。

広告を非表示にする