hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

午前零時


午前零時をテーマにした短編集。アンソロジーと言った方がよいのか。違う作家による、同じテーマの短編集だ。
こういった形式の本を読んで、どの話がおもしろかったかどうかを聞くことによってその人の性格が分析できるような気がする。僕が気に入った話は「ゼロ」「箱の部屋」「午前零時のサラ」だった。

広告を非表示にする