hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

良書を紹介してくれた人にたいする複雑な気持ち

僕はだいたい人から何かを勧められたり紹介されたりすると、身構えてしまうので大抵のものが素直に楽しめなくなってしまう。それでも、面白いものは面白いので、本などを紹介されたら一通り読む。大抵は素直に楽しめずに終わるんだけれど、たまにドはまりしてしまうこともあるのだ。
そういうときには、その人に対する感謝と同時に、悔しかったりうらやましかったりする。インターネットにおける面白い本紹介ブログなどは世間にあふれていて、僕も多くのブログを読んでいるが、そういうこともあって僕は面白い小説を紹介してくれたブログには絶対にコメントをしないことにしている。悔しいので買ったことも伝えないし、コメントもしてやらない。しかし、半分くらいは感謝していて、こんな面白い本を紹介してくれた人とは是非友達になりたいと思ったりもする。その辺の葛藤が悩ましい。
だから、あまり面白いよ!とかオススメ!とか言わない本紹介ブログがあれば良いと思う。ちょうど僕のブログのような、淡々と自分の感想を書いていくブログが良いのだ。別に自画自賛というわけではない。僕にとって良いと思っていることをしているだけだ。

広告を非表示にする