hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

コーヒーで条件反射

コーヒーを飲むと目が覚めるとよく言うけれど、それが本当かどうかよくわからないし、眠いときはコーヒーを飲んだって眠いし、コーヒーを飲んだ直後に寝てしまうときだってある。まあそれでも、その説は本当だろう。カフェインが含まれていることには間違いないし、その薬理作用は昔から知られている。眠いけれどまだ作業をしなければならないときなんかにはよくコーヒーを飲む。
でも、眠いときにコーヒーを飲むということは、コーヒーを飲んでいるときは常に眠い状態だということだ。だからそれを繰り返すうちに、「コーヒーを飲む=眠い」という条件付けがされ、パブロフの犬のようにコーヒーを飲むと眠くなる人になる・・・んじゃないかなーと思う。カフェインと条件反射では、どちらが強いだろう。
そうなってからは、コーヒーは目覚ましではなく純粋な嗜好品として楽しめるようになるのではないかな。

広告を非表示にする