hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

「,」が気になる病

図書館へ行き、本を借りてきた。久しぶりに横書きの本を読んだ。ウェブと専門書は除くとすごく久しぶりだ。
横書きの本は縦書きよりは読むのが遅くなってしまうが、最近横書きも読み慣れてきたので、差はなくなってきた。でも横書きのほうが難しい内容のことが多いので、結局遅くなる。それに横書きのほうが邪念が入りやすい。今日の邪念は、句読点が「,」だったことに気づいたことだ。よく考えたら横書きの本は「,」が多いけども、「,」は読む方向と逆方向に字が流れているので、少し引っかかるような気がした。時計の秒針の音のように、一度気になるとずっと気になってくるのだ。気になり出すと、どんどん意識してしまい、「,」が釣り針の「返し」のようになってがりがりと脳に引っかかるようだった。気づけば字を追っているだけで頭に入ってこなくなったので、読むのを止めた。
明日には治っているとよい。

広告を非表示にする