hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)


ドグラ・マグラの後なので、なんかバカっぽいラノベが読みたいなーと思って、以前からバカなギャグで面白いと評判で、目をつけていたこの本を手に取った。これは…なんというバカな小説だろうか。いや、良い意味でだもちろん。安易でありがちなキャラ設定、薄っぺらな世界観、これでシリアスに学園異能をやらかしたらしらけるが、この小説はギャグだ。楽しい会話、かわいいキャラクタ、中学生レベルのエロくておバカな展開…なんというライトノベル的なライトノベルだろうか。本当に、登場人物達の会話が面白いのだ。楽しい時間を過ごせた。

広告を非表示にする