hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)


再読。ハルヒの二期がもうすぐ放送され、そこで消失をやるらしいという話を聞いて、もう一度読もうと思ったのだ。
消失長門をもう一度読んで、萌え転がろうと思ったのも少しある。でも読み返して見ると、そんな描写はけっこう少なかった。これは僕の脳内保管能力がもの凄いということで良いのだろうか。
この本は長門に感情移入できる話だ。無表情で感情を見せず、何を考えているかわからないけれど、とりあえず長門に頼めば何とかしてくれるだろうというキョンの考えを正す。長門だって人間なんですよ。
長門さんは機械なんかじゃないんです。そのような錯覚をしていたけれど、べつにヒューマノイドインターフェースだから感情がないとか、そんな設定は全くなかった。現に朝倉さんは人間味のある性格をしている。
そういうことを気づかせたのがこの話。キョンにも読者にも気づかせた。この話を読むと長門さんの人物像ががらりと変わる。だから「長門は俺の嫁」とか言う人たちが沢山居るのだ。

広告を非表示にする