hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

理想の休日

「休みの日は何してるの?」と聞かれることがある。すごく困る。何をしているか全くわからない謎の人物だと思われているのではないかと勘ぐったりしている。
入社や入学などの新しい環境になると、新たな人たちと知り合うので、特によく聞かれる。そして、たいがいの人がこの質問で困る。それは聞く側もわかっていると思う。一言では答えられない問題だ。けれど、なんというか、それが一番手っ取り早いので聞いてしまうのだ。
僕はだいたい、「家でごろごろしたり、外でうろうろしたりしている」なんて、よくわからない擬態語を使って答えている。家では読書をするかネットをするかくらいであとは生活をしているだけなので、まあ「ごろごろ」という表現で当たっていると思う。目的もなく外に出て本屋やホームセンターをぐるっと回ったり、散歩しながらその辺の草花や風景や電線の写真を撮ったりしているので、「うろうろ」も実際にしている。
でも、当然知らない人には全くわからない話で、コメントに困ると思う。そこで、とにかく「理想の休日」を考える事にするのだ。そうして、問題の問いが来たら、その中から話が広がりそうな所だけを話せばいい。

難しいぞ

朝6時に起きて、風呂に入ってから朝ご飯を食べる。そのあとネットする。飽きた頃には10時くらい。晴れていたらカメラを持って外をうろうろする。昼ご飯は適当にその辺で買って食べる。午後は図書館か本屋か古本屋かホームセンターに行く。行くだけのことが多い。帰ってきたら、読書をする。夕方になったら、料理を始める。料理をしながら合間にも読書。料理が出来たら食べる。食べ終わったらネットして、時間が余ったら読書して、眠くなったら寝る。

これがササクラ氏の理想の休日です。だいたい、これを行うことはできなくて、まず最初のネットの段階で時間が取られすぎる。

広告を非表示にする