hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

私の男

私の男

私の男


桜庭一樹だったので読んだ。直木賞を取ったから、なんだか読む気を無くしてしまっていたけれど、ようやく読めたという感じ。タイトルとか本の雰囲気でとても重くてドロドロとした感じなんだろうなあ、と思っていたけれど、そういうので耐えきれないほどだったのは最初だけだった。しかしやっぱりドロドロしている。おもしろいのだけど、僕は読書クラブや赤朽葉家のほうが好きだ。もうちょっと不思議な感じのものを書いてくれないかな。

広告を非表示にする