hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

ライトノベルの楽しい書き方

ライトノベルの楽しい書き方 (GA文庫)

ライトノベルの楽しい書き方 (GA文庫)


王道展開というのは何故飽きないんだろうなあ。もうあらすじや冒頭を読むだけでストーリーも読めてしまうような、とってもありがちな王道というか、使い古されたような古典的な展開だし、キャラなんかもテンプレ通りなのに、とても面白かったし、楽しめた。どうしてなんだろう。やっぱり面白いんだよ、不思議だよなあ。
「物語に入り込めるかどうか」というのは自分でも基準がよくわからないんだけれど、この本はすんなり入り込めたし、とても楽しめた。これだけテンプレ満載の王道ストーリーに入り込ませるってことは、この本はとても良い本だ。
あと、ごく一部分だけのことを書くと、クラゲがキーアイテムになっていたので、とても良いと思います。これからの僕はクラゲをもっと押して行こうと思います。続きも出ているようなので、買おうかと思います。

広告を非表示にする