hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

欲しい本がある本屋

最近気づいたのだが、何故かピンポイントで僕の読みたい本があるという本屋が実家の近所に存在する。
このAmazonの時代に、もはや欲しい本は町の本屋にはないのが常識になってしまった。僕が読みたい本をネットで探しているからかもしれないが、町の本屋さんには明らかに僕の、というか、僕のような客層をターゲットにはしていないような気がする。あんまり欲しい本が無い。町の本屋さんには有名どころの本しかないので、ちょっとマニアックになるともうお手上げだ。たぶんテレビで取り上げられた本なんかがたくさんあるのだろう。血液型の説明書のコーナーがライトノベルよりも多く取られていたのを見たときにはもう二度とこんな本屋来ないっ!と思ったものだ。実際行っていない。
そんな中、この本屋、上記の二度と行かない本屋とは別の本屋ですが、その本屋はなんだかよくわからないけど、僕が欲しい本(主にライトノベル)がピンポイントで置いてある。別にラノベに重きを置いているというわけではなく、むしろ他の店に比べて少ないような気がするのに、大型書店に無かったラノベがあったということが何回もある。店員と波長が合っているのかもしれない。きっと店員さんもラノベが好きなのだろう。これからも贔屓にしたいと思う。
本屋というものは、欲しい本を注文すると、次からその作家の本が出たら入れてくれるらしい。長年利用しているとどんどん自分好みの本屋に育てることが出来るということみたいだ。これから引っ越しが近いので、引っ越し先の近くにも好みの本屋を探し出して、更に育てるのも良いかもしれない。

広告を非表示にする