hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

住みたいところに住みたい


美女と竹林を読んで以来、竹林に住みたいと思うようになりました。上の写真はそんな中、「竹林を見つけるまで帰らない」という冒険をしたときに、ついに見つけた竹林の林です。
竹林の何がいいって、人気が無くてひんやりしているのだけど、薄暗いという感じではなく「薄明るい」。それに音が心地よいのです。竹林の中心に座り込んでいつまでも音を聞いていたい。音はするけれど静かなのだ。暗くて明るい、うるさいけど静か、不気味に落ち着く不思議な場所だ。
竹林の真ん中に一軒家を設けて、美人の嫁さんと一緒に静かに暮らしたいものです。言葉を喋るなら犬、猫、サボテン、モーグリなどでも可。もちろんインターネットは出来るようにして。

広告を非表示にする