hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

豆乳がうまい

僕は豆乳を飲んでいる。なんとなく買ってみたら、結構おいしい。毎朝牛乳を飲んでいたが、しばらく豆乳にしてみることにした。牛乳は牛乳で素晴らしいものだし、いつもおいしくお世話になっている。しかし、それだけでは駄目なのだ。なぜか。そんなことはどうでもよい。

豆乳は健康食品としてもてはやされている。しかし、豆乳をにがりで固めた食べ物である豆腐は、健康食品と言うほどでもないような気がする。豆腐には昔から慣れ親しんできたからだろうけれど、どうやら豆腐にする段階でみための「健康食品っぽさ」が失われるようだ。でも豆腐だって相変わらずの健康食品だ。成分も変わらないはずだ。

会社で豆乳を飲んでいるところを見られると、一人は反応する人がいる。どういう反応かというと、「豆乳だ!」と言って指を差され、とても嬉しそうな顔をする。そういった反応だ。気持ちはすごく分かる。だって豆乳は面白いものなあ。コーヒーとかお茶だったら分かるけれど、豆乳はなあ。そのうち慣れられて、反応されなくなるだろうけれど、間違いなく「豆乳を飲んでいる人」という認識をされることだろう。

でも豆乳は正義じゃないですか。ポパイにほうれん草とか、そういうノリに答えられる力を持っている飲み物だと思います。僕は負けじと豆乳を飲む。でも会社では飲まない。

広告を非表示にする