hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

七夕です

今日ほど一年のうちで宇宙のことを考える日はない。
id:huyukiitoichiの、時間についての雑文 - 基本読書のエントリに影響を受けて、最近宇宙論や量子論の本がまた読みたくなってきた。


宇宙論や量子論の本は色々読んだけれど、この本が原点のような気がする。中学の頃、図書館にあったのを食い入るように読んでいた。いまだによく分からず、「なんだかスゴイ」という感想しか得られない。
ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)
僕が読んだ本の中ではこの本が一番わかりやすかった。


現代の物質観とアインシュタインの夢 (岩波科学ライブラリー (32))
クォーク 第2版 (ブルーバックス)
消えた反物質―素粒子物理が解く宇宙進化の謎 (ブルーバックス)
この三冊を近いうちに読む予定。

広告を非表示にする