hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

蜘蛛

昨日仕事から帰ってきて、部屋にこもった熱気を追い出そうと窓を開けたら、ベランダの物干しに蜘蛛が巣を作っていた。今まさに建設中だったらよかったのだけど、すでに作り終えて中心で餌を待っている状態だった。いかにも「蜘蛛の巣」といった形の網をしていたので、僕は好感を持った。一本だけしか糸を張らず、それで巣と言えるのか?と思うような怠惰な蜘蛛もいるから困る。だいたい、一本だけで三次元方向に動ける虫を引っかけようというのだから、横着も甚だしい。イノシシや人間だったら、二次元方向にしか移動できないので、紐を通路に張っておけばひっかかるかもしれないが…。切り株にウサギがぶつかるまで待っているようなものだ。

僕は以前、周りに何もない田んぼのあぜ道で蜘蛛の巣に引っかかったことがあったが、あれは空中に巣を作る超蜘蛛が居たわけではなく、糸を使って風に乗り移動中の蜘蛛だったようだ。蜘蛛の子供はそのように移動するらしい。「蜘蛛の子を散らす」という言葉にもあるとおり、散らされた蜘蛛だったのだ。

世の中には勝ち組の蜘蛛が居て、自動販売機の間などに巣を作る蜘蛛は勝ち組だ。何でかって、夜になると明かりに引かれて虫が集まってくるからだ。まさに一網打尽。しかしベランダの蜘蛛は負け組だった。反対側の玄関側に作れば、玄関出て階段を下りるまでに明かりがあり、それに引かれて虫が沢山いるので、勝ち組になれたかもしれないのに。

しかし、美しい巣を作り僕に見せてくれたわけで、獲物を捕ることはできなかったけれど、それはそれで良かったと思う。朝起きたら蜘蛛は居なかったが、巣だけは綺麗なまま残っていた。つまりまだ誰も何も巣に掛かっていないということで、蜘蛛にとっては稼ぎ無しということになる。どのくらい残っているのだろうか。あんまり綺麗だからこのまましばらく残しておこうと思う。洗濯してもベランダに干さない。

広告を非表示にする