hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

部屋に虫

その昔、ギリシャのどこかで偉い哲学者が、ウジは無から発生する!とかなんとかおおボラ吹いたせいで、何も無いところからウジが湧きでてハエになると思われていた。
そんなわけ無いだろうと思ったどこかの人が、ビンの中に肉を入れてみた。ハエがぶんぶん飛んでくるし、ウジが湧いてくる。でも蓋をして密閉したビンの中に肉を入れて放置したら、どうやらウジは湧いてこない。そういうわけで、ウジは無から生まれるのではなく、ハエが卵を産むから湧いてくるし、それが成長してハエになるのだということがわかった。


ところで、ゴミを捨てるのをたまたま2回連続で忘れたせいで、生ゴミから小バエが湧いている。あと、昨日の夜は5箇所蚊に刺された。ゴミ袋をいくらきつく縛っても小バエは湧くし、網戸をしているのに蚊が部屋に居る。何故僕が許可しない境界線を奴らは平然と越えてくるのか。誰が入って良いと言ったんだ。どうやって入ったんだ。

部屋の隅っこにいる蜘蛛にハエの殲滅をしてもらいたいが、全く仕事をしてくれない。というか、仕事はしてるけど、たぶんそれにも増してハエや蚊が多いのだろう。もしかしたら小食なのかもしれない。明らかに網戸を越えられない大きさなので、どこから入ったのか知らないけれど、当分出て行かないだろう。入って良いとは言ってないけれど、彼だけは許しておいてやろう。でもどうやって入ったんだ。

ゴキブリがいないのがせめてもの救いだ。本当に、虫がどうやって入ってくるのかよく分からない。
たぶん隙あらば入ってくるのだろう。網戸をくぐってくることもあるかもしれない。


そうそう、以前まで蚊が部屋に居るのが分かると退治するまで眠れなかったのだけど、蚊で一番嫌なのは羽音だということに気づいた僕は、今では耳栓をすることで蚊の恐怖で眠れなくなるのを防げるようになった。だから刺され放題なんだけど、割と眠れている。ノーガード戦法である。

広告を非表示にする