hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

待つ人

今日はamazonで買った荷物が届く日なので、万全の準備を整えて問題の瞬間に臨んだ。佐川急便には7時以降には家にいると伝えてあるのだ。ちゃんと定時に会社から帰って6時50分には家にいた。どうやら佐川急便は8時に来るようだったから、夕食も済ませておいた。そのおかげで今日の夕食はバナナと干しぶどうパンと牛乳というメニューだったのだけれど、それはまあいい。割とおいしかった。でも晩ご飯のメニューではないな、と思ったりした。
8時を過ぎる。だんだん何をしても落ち着かなくなってきた。もうすぐかな? トイレの窓から外を覗いてみる。何も来ない静かな夜だった。ちょっとした物音に対して敏感になってしまっている。車の音や、ドアを閉める音、足音などがかすかに聞こえたりして、「きたか!?」などというかんじで少し尻が浮く。まだかなまだかな。隣人の生活音がここまで大きくなったように思える瞬間はない。なるべく静かに時が来るのを待っていた。パソコンをシャットダウンして、文庫本を読む。最近ファンが劣化してきたのか、パソコンの駆動音が気になっている。車のドアを閉める音、足音駆け足。今度こそ絶対に佐川急便だろ!…ちがった。隣の隣の住人だった。まだなのか。突然ビニール袋が「カサッ」と音をたててびっくりする。りりりと虫の声が聞こえる。

そして突然チャイムが鳴る。びっくりした。いつだって佐川急便は気配を察知させずにチャイムを押すんだ。

広告を非表示にする