hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

砂漠に咲く花を探していてはいけないんだ

何もない、砂ばかりの砂漠に行ったことがあるだろうか。そこに花が咲いているのを見たことがあるだろうか。僕は無い。でもこれはたとえ話なんだ。砂以外何もないと思っていたところに、ひょいと綺麗な花が現れたので、それを愛でて大切にした。
でも、その他の花を探すのに砂漠を歩くことは間違っている。砂漠に咲いている花がいくら綺麗だからって、花畑に行かない理由はないのだ。
でもどちらが綺麗だろうか?綺麗であるべく咲いている花畑の花と、砂漠に偶然ぽつり咲いた花、どちらが綺麗だろうか?
僕は砂漠の花があまりに綺麗だったから、花畑に行く素直な気持ちを無くしてしまった。でも花を探しに砂漠を歩くのはオカシイことなのだ。


と最近思いました。だからなんだということではない。それだけ。

広告を非表示にする