hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

先生はえらい

from id:huyukiitoichi

先生はえらい (ちくまプリマー新書)

先生はえらい (ちくまプリマー新書)

内田樹にはまっている。最初は本の題名に引かれてなんとなく読んでみるかという程度だったけれど、その本がストンと心に入ってきて、それからファンである。実は最近ここに感想を書くのをサボっていて、読んではいるけれど感想は書いていなかったりしたのだけれど、この本はここで紹介せざるを得ないというか、そのくらい面白かった本だ。超おすすめ。


「先生はえらい」。おいおいこの本の著者は大学の教授で先生であるわけで、つまり先生じゃないか。自分で自分のことをえらいというのはどうなんだ、とか思ってしまいましたが、この本は全然そんな著者が調子づいて偉そうな論説を語るものではない。どうやら子供向けの新書レーベルのようで、この本の文章も子供向けに語りかけるようにわかりやすく書かれている。何のことについて書かれているかというと、つまりは「先生はえらい」と言うことなんだけれど、話はそれていき、コミュニケーション論に発展する。ちゃんと最後には結論として「先生はえらい」となって、読んでいるほうは、「そうか、先生はえらいんだ。先生はえらい!先生はえらい!」となる。

  • 自動車教習所の教官とF1レーサー、運転を教わるに当たって有用な情報をもらえるのは教官のほうだけれど、僕らが尊敬するのはF1レーサーです。それは何故だろう?というところが大変納得のいく説明でおもしろかった。
  • 相手によって話し方を変えたり構成を変えたりするのならば、その話を語っている人は僕なのだろうか?相手側ではないのか?という下り。これは僕がずっと思っていたことでした。うまく言語化できなかったけれど、読んでいてとてもすっきりした。

「自分の知りたかったことが書かれている本」だったかもしれない。それとも、「書かれている“かのような”本」だったのかも。なんだかよく分からないけれど、とにかく先生はえらいのです。読めば分かるのです。読んだ後、なんだかよく分からなくても、「わかった」と言わざるを得ない本です。内容も難しくないし、手軽に読める量なので、気軽に読んで欲しい。

広告を非表示にする