hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

積ん読をなくしたい

古本屋へ行くたびに本が増えるし、RSSの未読を消化するたびに、アマゾンのページのブックマークが増えるし、図書館で読みたい本リストもどんどん増える。インターネットのおかげで興味の幅が増えたし、面白い本の情報も簡単に集まるので、仕方のないことなのだけれど、とにかく積ん読を減らしたい。明らかに読みたい本が増えるよりも読むスピードのほうが遅いのだ。


なぜ積ん読がよくないかって、たとえば、僕はどこかの書評ブログで面白そうな本を見つけたら、すぐにアマゾンで注文して、すぐに読んで、そのブログに「読んだよ!」というトラックバックをすると共に自分のブログで感想を書いたりしたいのだけれど、できないのがよくない。本屋へ行って、面白そうな本を見つけて衝動買いをして、スキップして家まで帰り、紙袋から取り出してすぐに読みふけりたいのだ。そして徹夜したりしたいのだ。知り合いから面白い本を薦められたらすぐに読んで、感想文をA4一枚にまとめて提出したりしたいのだ。

面白い本を見つける。読む。そのペースを限りなく短縮したい。本を紹介してくれた人も、反応が早いとうれしいだろう。

でもやっぱり、古本屋へ行くたびに増える本。古本屋の本は一期一会なので、今買わないと二度と(この価格では)手に入らないかもしれないと考えてしまう。本を買うお金をケチっているのが良くないのか。しかも古本だと、すごく読みたいわけでもない本も安いので買ってしまう。



そういうわけで、しばらく本を買うのを我慢して、借りるのも我慢して、積ん読を消化することにします。

広告を非表示にする