hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

梅と桃と桜の話

梅と桃と桜の違いはなんだろうかという疑問を持ったので、例によって二人という少ないサンプリング数のアンケートを執り行ったところ、2/2で「それは色である」という意見が得られた。二人ともイメージは同じで、ベースはピンクだが、梅、桃、桜の順に色が薄くなっていくのだそうだ。

確かになんとなく世間一般の認識はそんな感じかもしれないが、梅桃桜にもいろいろあるだろうから、たぶんその認識は間違っている。「花ではなく実で見分けろ」というとんちの効いた意見は得られなかった。べつにこちらは花に限定したわけではないから、そういう答えもあっても良かったはずだ。

気になったので調べたら、

  • 梅と桃は直接枝に付くように咲くが、桃のほうが密集している。
  • 梅はまばらに咲く感じ。
  • 桜は枝から離れたところに伸び、こぼれるように咲く。

という結果になった。どうやら色は関係ないらしい。
http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20070301A/
http://blog.goo.ne.jp/mikeneko_tika/e/c68d7a7ea03593c06717caba665b4442

非常に分かり易い。知っていると得をすること間違いなしである。これは世間に広めなければならないと思い、ここに書くことにする。

広告を非表示にする