hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

地図はさそう

地図はさそう―自然と人と詩と (河出文庫)

地図はさそう―自然と人と詩と (河出文庫)


古本で面白い本を手に入れたので紹介します。
この本は、地図マニアである堀純一氏が地図のおもしろさについて延々と語り尽くす本だ。
最近は写真撮影がてら山道、林道を歩くことがあるので、図書館で地形図をコピーして道や地形を調べる機会が多くなったのだが、そのおかげで「地図っておもしろい!」と思い始めた。そう思っていたところに、古本屋でこの本があったものだから、買って読んでみたと言うわけだ。
この本には、以下のようなことが書かれています。

  • 各国の様々な地図を見比べて楽しむ。カラフルなもの、緻密なものなど、お国柄が出る。
  • 地形図の読み方
  • 地図を見て風景を想像して楽しむ
  • 地形図から分かる地形の成り立ちを推測して楽しむ
  • 地名がどのような変遷を辿ったのか推測して楽しむ

など、読めば地図が好きになり、今すぐ地図を入手して近所を散歩してみようか、と思いたくなる本だった。地図から様々な発見や考察が得られるということに気づかせてくれた。同じ著者の本は地図関係の本ばかりなのでそちらも読んでみることにする。地図での遊び方はまた別で書ければと思う。

広告を非表示にする