hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

社畜とふつうの会社員の狭間で

ここ2週間ほど、とても忙しく、毎日22時付近に家に帰る生活だし、土曜日も出勤だ。こんなに忙しいのは新卒で就職して初めてのことである。どうしてそんなに忙しいのかというと、今動いているプロジェクトのせいというのと、組織的な問題もある。

これ以上言うとただの仕事の愚痴であり、企業秘密の漏洩にもなりかねないので、何も言わないけれど、とにかく、僕にとって、こんなに会社に拘束されるのは初めての経験だ。

物理的時間も拘束されるし、まったく片付いていかないタスクに心理的にも拘束されているし、プロジェクトが成功しなかったらかなり深刻なことになるということもあり、日々お腹が痛い感じだ。
先週、始めて土曜日出勤をした。上司から申しつけられたのでは無く、全く片付かずに溜まっていく一方のやらなければならない仕事の重圧に耐えかねて、自分から土曜日出勤しても良いかということを上司に伝えた。

僕はとくに熱血というわけではなく、仕事にやりがいを感じていないけれど、業務命令には逆らわずに素直にやろう、と心に決めて仕事をしている。必要に応じて残業もするけれども、基本的には仕事がしたくないので、余計な仕事はしないし、休めれば休むし、積極的に定時退社を心がけている。そんな僕には、土曜日出勤を申し出るというのは、自分から言っておいて、言ってしまった後とても後悔したものだった。

ひとしきり後悔をしてから、嫌だなぁと思いながら実際に土曜日会社に出てみると、周りに人がおらず、静かで自分の作業に集中できるものだから、仕事が進むことこの上ない。一旦腹をくくって土曜日出勤してみたら、仕事をする上ではとても快適なのだった。

ここで、仕事を快適に出来てうれしいという感情が自分を許せなくなった。もう金輪際土曜日出勤などしてはなるものか、という感情と同時に、土曜日に仕事をするのも悪くは無いなぁ、という気持ちが湧き上がる。

結局、仕事にやりがいを感じていないし、まったくもってくだらない仕事だなぁ、と思っているけれど、自分がやるべき仕事が溜まっていくのはストレスだし、調子よく思い通りに進むのはうれしいことなのだ、と気づいて、ああ、僕も徐々に社畜の精神に蝕まれていると言うことに気づく。

どんどん湧いてくる仕事に対して精神を安定させるためには、自分を社畜的な精神状態に変えなければ、やっていけない。周囲の環境を変える力が僕にあるのあらば、それも必要の無いことだろうけれど。

こうして社畜というやつは、生まれるのだなぁ、と思いつつ、僕の場合はプロジェクトはあと2週間もすれば成功しようが失敗しようが終わるので、そうしたら、無気力無責任で定時退社な、ふつうの会社員に戻れるので、もう少しの辛抱だ。

広告を非表示にする