読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

町田康 人間小唄 読んだ感想

読書

人間小唄 (講談社文庫)

人間小唄 (講談社文庫)

ここ最近はノンフィクションを読み進めていて、それも内容が難しい、なかなか理解できないようなものを読んでいたので、なかなか読み進めずにいた。なので無性に小説が読みたくなってしまったので、図書館で借りてきた。
とてもはまった。この作家、前にも短編集を少し読んだことがあるのだけれど、そのときはイマイチはまらなかった。
でも今回読んでみると、すごい。ぐいぐい文章に引き込まれる。何が起きているわけでもないのに文章だけで読ませる小説だった。文芸ってこういうことかー、という感じ。次は同じ作者の「告白」を読もうと思う。でもこの小説、まったくテーマとかよくわからないし何がしたかったのかわからない。でもとにかく面白かった。勢いで読んだ。

広告を非表示にする