hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

Kindleが素晴らしい

表題の通り。Kindle素晴らしい。
何が良いか。場所取らない。家に居ながらにして購入し、すぐに読める。

最近はKindleにあるものはKindleで買うことにしている。漫画なんかを一気に購入できてしまうのでとても嬉しい。お財布には厳しいけれど。 ipad miniでもくもく読んでいるけれど、すこぶる具合がいい。KindlePaperWhiteなんかだと、また勝手が違うのかも知れない。
デメリットとして、端末の料金が高かったり、電気がないと読めないということがあるけれど、読書量が多ければ多いほど、端末の料金は回収できる。もう償却できたような気がしているくらい、満足度が高い。電気がなければ読めない、というところは、まあそんな物、家電は全部そうだし、電気がなくなった状況で、陽の光で読書がしたいかというと、そういう時は大災害になっているだろうからひとまず考えない。

  • Kindle電子書籍を購入したとして、それは本当に僕のものなのか問題というのもある。つまり、限定的に読める権利を購入しているだけで、Amazonが潰れたり、気が変わったりしたら、読めなくなる。まあそれでもメリットのほうが多いような気がしている。
  • リアル本棚が写真集と参考書とKindleで売っていないようなマニアックな書籍のみになってしまう問題もある。以前は文庫の小説やコミックが多かったけれど、だんだんと量は少ないながら、多様性が増してきている。
  • リアル書店に僕の欲しい本だけがないということが多いので、もっぱらAmazonのお世話になっているのだけれど、今度は僕の欲しい本だけがKindle版が無い、ということになっている。
広告を非表示にする