読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

ふきのとうを採ってきてふき味噌作った

先日の山菜採りで無残にも無収穫で終わった。それ以後、ふき味噌が食べたくてしょうがないので、またしても山菜採りに出かけた。
先日の話は下記参照sskr.hatenablog.jp


ふきのとうは雪融け直後くらいのピンポイントの短い期間しか取ることが出来ない。だが山は上に行くほど季節が遅れている。標高の高いところまで登り続ければ、そのうち良い時期の場所があるだろうという大雑把な予想のもと、高いところを目指した。ドライブ日和だったので、高いところを目指しつつ、そのついでにふきのとうも採ったという感じだ。

これが良い時期のふきのとうだ!

f:id:sskr31:20150505165053j:plain
早速だが、これがいい時期のふきのとうだ。まだ雪が残っているところと残っていないところの境目辺りが良い時期のものが取れるようだ。

こんなに採れた!

f:id:sskr31:20150505165054j:plain
180gちょっと。(もちろんザルの重さは引いてあります)

ということで、ふき味噌を作る。
参考にしたのは下記のサイトです。www.sirogohan.com


詳細なレシピはリンク先のサイトを見ていただくとして、簡単には以下の3工程ある。

  1. 刻む
  2. 炒める
  3. 味噌と混ぜる

刻んだ

f:id:sskr31:20150505165055j:plain
花の部分が細かくなって刻みにくい。どんどん変色していくので早めに次の工程をやらなければならない。焦る。

炒めた

f:id:sskr31:20150505165056j:plain
普通にサラダ油で炒める。しんなりしてきたら次の工程へ。

味噌と混ぜた

f:id:sskr31:20150505165057j:plain
味噌が焦げないように弱火にして混ぜ合わせる。味噌はなるべく良い味噌を使うといいらしい。スーパーで普通に売ってるものの中でちょっとお高いものを選んだ。砂糖と味醂を味付けで入れる。

味はどうか

うまい!!! これはご飯だけでなく、日本酒のあてにもなる味。自分で採ってきたというのもあり、満足度が高い。



今日は晴天で、とても気持ちのよい山菜採り&ドライブでした。
f:id:sskr31:20150505165058j:plain

広告を非表示にする