hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

娘が重いぞ

娘はいま1歳4ヶ月程度である。10kg程度である。重いぞ。

なぜか僕にだけ、おんぶをせがみ、背中にへばりつくので、しょうがなくおんぶをする。

妻にはおんぶをせがまないようである。

土曜日はわりと元気でせがまれるままにおんぶをするが、夕方には身体の状況が怪しくなってくる。日曜日の朝に疲労が持ち越され、日曜夕方にはぐったりである。月曜にも持ち越される。

土日で背骨と背骨の間の何かの組織が圧縮されて、身長が縮んでしまうような気がする。

新生児のころは3kgとかしかなくて、それから10ヶ月くらいまでは抱っこで寝かしつけないと寝なかった。その時も、重いぞ重いぞと夫婦で言っていたものだったが、今思うと、あのときは軽かった。今は本当に思い。10kgって、米袋だよ。

忍者は毎日子牛を持ち上げて、体を鍛えるという。最初は軽いので持ち上げられる。どんどん重くなるが、毎日持ち上げているうちに鍛えられ、しまいには成牛も持ち上げられるようになるらしい。そんなの嘘だということが実証されている。

娘よ、お父さんだって、君が気の済むまでおんぶや抱っこをしてあげたいぞ。しかし体が持たないのだ。

するけどね。おんぶするけどね。そんなに泣かないで。おんぶするから〜。よいしょ、はいした!おんぶした!いかがですか〜。

広告を非表示にする