hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

「どきどきフェノメノン」を読んだよ

どきどきフェノメノン

どきどきフェノメノン


 まず、僕は森博嗣の信者なので冷静な判断はできない。
 若干投げやりな感じはしたが、期待を良い意味で裏切る展開がどんどん続いたので面白かった。若干ミステリ要素も有り。勢いで書きましたという感じがする。
 恋愛ものと言えるかどうか微妙だけど、こういうのは好きだ。主人公の女性の主観で物語が進んでいくのだけれど、こんなこと考えている女性が実際にいて、そういう内面を知ることができたなら僕はきっと惚れるだろう。僕は惚れっぽい。それを外に出すかと言ったら否だが。
 この小説に限らず森博嗣の小説は、ものすごく森博嗣っぽくて「ああ、これはこの本の主人公じゃなくて、森博嗣の考えていることなんだ」と思いやすい。「その森博嗣っぽさ」が好きでいつまでも読んでいるわけだが、ほかの作家に比べてそういう傾向が強い作家だと思う。
 考えてみると、話が面白いかどうかよりも雰囲気とか文体が好きでいつまでも追い続けている作家だ。



以下ネタバレ



策士、水谷。僕は「してやったり!」とか「計画通り!」という展開が大好きだ。水谷に惚れた。

広告を非表示にする