hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

一日の濃度

 僕はだいたい毎日7時間半寝ないと駄目のようだ。でも、最近僕は寝すぎじゃないか?あまり寝ないでやりたいことをやった方が充実した毎日を生きられるのではないかと思って、最近早起きをするようになった。早起きは三文の徳と言うけれど、もっともっと得なことがあるのだ。伸び太曰く「寝ているときは死んでいるのと同じだ」みんなが寝ている時間に起きるってことは、それだけたくさん生きているってことなので、得なのだ。時間は何よりも大事なお金で買えないものだ。最大のライフハックは早起きだと考えた。
 でも、早起きをするので一日中眠くてしょうがない。これは一日の生きる濃度が下がって内容が薄くなっただけであまり得はしていないのではないか。眠くなるのを防ぐために早く寝たら、今度は生きている時間が短くなって元に戻るだけだ。ということは僕は今まで精一杯生きてきて、限界ぎりぎりのところだったので、これ以上一日より多く生きることはできないと言うことか。悲しい。僕はもっと頑張って多くのことをやりたいのに。

広告を非表示にする