hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))


やっぱりSFはいいなぁ。SFには未来のことが書かれていて、それは必ずしも理想の未来ではないけれど、夢があるというか、こうなっていると面白いなぁと想える。人類って素晴らしいと思うし、ますます発展していけると良い。

広告を非表示にする