hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

放課後

放課後 (講談社文庫)

放課後 (講談社文庫)


東野圭吾の作品にはどうにも暗さがつきまとう。文章が暗いからか、語り部が暗いからかはわからないけれど、読んでいて沈んだ気持ちになってしまう。トリックにもあまり驚かなかったし、オチも読めた。合わない作家なのかなあ。明るい作風なものはないものか。

広告を非表示にする