hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

妙なる技の乙女たち

妙なる技の乙女たち

妙なる技の乙女たち


宇宙エレベーターのある赤道直下の島で働く女性達を描く、短編オムニバスのSF小説。
感想は今回箇条書きのメモをそのまま載せることにした。あとから見たら、このメモを崩すのがもったいないと思ったので。

  • 全部の話が好き。でもどこがって言われたら、七話。
  • エンジニアってかっこいいなー。
  • 宇宙って皆の共通の夢だ。
  • 仕事に誇りと夢を持って働いている人たちはかっこいい。
  • それが女性だから、余計に良い。美しい。
  • フライホイールが出てきた。天涯の砦と繋がった世界?
  • 紡糸カーボンナノチューブが出てきた。そういうの早く発見されないかな?
  • 「ものを創出するときの霊感」
  • 「医薬品や化学物質の素になるかもしれない希少種」

生物を絶滅させちゃいけないという活動の具体的、現実的なメリット。ただの偽善、もしくは学術的な価値のみかと思ってた。

  • 「人間は家事が好きであるべき」

確かにそうだ。文化的かつ動物的に生きるというのはそういうことだ。

  • 「トラブルのFAQを持っていない」

僕も、たいした挫折もなしにここにいるのだけれど、大丈夫なのだろうか?

  • 「はるか遠くへ行って帰ってくることは、とても立派よ。だけどそれだけでは、一時の熱狂で終わってしまう。貧乏性の私には耐えられないわ。だからしっかりと地歩を固めていこうと思ったの。」

貧乏性とはそういうことか。長期的視点で考える=貧乏性。僕も貧乏性を自称していた。長期的視点でものを見る能力があるということかな?

広告を非表示にする