hakanashika

笹倉及介の日記ブログ

ドグラ・マグラ

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)


ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)


うーん。この小説は…、もう一回読んだほうがよいかもしれない。わかりにくい小説だと前から聞いていたので、それなりに覚悟をして、複線っぽいところのメモを取りながら読んだ。それが良かったのか、途中の「チャカポコ」にもめげずに読み終えることが出来た。そのあとの「遺書」の中にも読みづらい箇所があったが、それを乗り越えたら面白くて一気に読んでしまった。
話はほぼ理解したはずだけれど、それでも理解できない謎がある。おそらく、小説中には明記されていないだろう謎だ。主人公は一体誰だったのか?どこからが本当で、どこからが妄想なのか?わからなくなってくる。読むと気が狂う小説という触れ込みは正解かもしれない。

広告を非表示にする